>

歯が生えたら…

歯生え具合

生後半年ぐらいから、歯が生え始めてきますが、なかには生まれてすぐに歯が生えていたと言う赤ちゃんがいました。
生まれてすぐに歯が生えているケースは少なく、ほとんどがそのままで大丈夫ですが、歯がぐらついている場合は、誤飲を防ぐ為に抜歯する場合もあります。
反対に1歳になるまで歯が生えないケースもあります。
生後半年~1歳になる前に検診が一度あるので、その際に先生に相談してみると大丈夫と言われるケースが多いですが、1歳を過ぎても歯が生える気配がない場合は、小児歯科へ相談に行きましょう。
また、歯の生え具合チェックや、将来歯磨きを嫌がらない子にする為にも、生後4~6か月あたりから、歯茎のマッサージをするとコミュニケーションにもなるので良いとされています。
清潔なガーゼなどを指に巻き、歯茎を撫でるように行うと良いでしょう。

虫歯について

生えてきた歯が虫歯だったと言っているお母さんがいました。
虫歯は虫歯菌によって引き起こされるので、生えてきた歯が虫歯だったという事は考えにくいのですが、乳幼児の歯は元々虫歯になりやすい事、遺伝で虫歯になりやすい子がいるので、生えてすぐに虫歯になった可能性があります。
虫歯菌は、虫歯菌の持ち主から持ち主に移るので、親に虫歯があった場合は食器は別、口にチュウはしないように注意が必要です。
反対に検診の際に虫歯だったけれども、治療をしないで治る場合もあるそうです。
治るケースの場合は、虫歯の症状が初期の物である事と、フッ素入りの歯磨き粉を使う事で治る場合もありますが、必ずしも治る訳ではありません。
普段から丁寧に歯磨きをする習慣を付ける事が必要です。


この記事をシェアする