子どものころから習慣に!虫歯予防と歯医者へ通う頻度

こんな事を気を付けよう!子供の虫歯予防

歯が生えたら…

子供の成長は様々で、一概にはこの頃はこうとは言えません。 一般的に生後半年で歯が生えてきると言われていますが、そうでない子もいます。 歯磨きをしていても虫歯になり、初めての歯科検診で指摘・治療する子もいれば、指摘をしても治療をしない子もいます。 ここでは、私が聞いた子供の歯の状態について説明していきます。

おすすめリンク

横浜でできる歯周病治療

歯周病はそのままにすると大変な事に!横浜で受けられる治療方法についてまとめました。

虫歯予防に効果的

初期の虫歯はフッ素入りの歯磨き粉で治る場合もあると記載した通り、虫歯予防に一番効果的なのは『歯磨き』です。 しかし、小さな子供に一人で歯磨きは難しです。 そこで大事なのが『仕上げ磨き』になります。 ここでは仕上げ磨きについての注意点をまとめてみました。

フッ素「配合」とは

仕上げ磨きでフッ素配合の物を使ったり、歯医者に行って定期健診の際に、フッ素を塗る事によって虫歯予防の効果がある事はわかりましたが「フッ素配合」と記載があっても効果が無い物、効果がうまく発揮できない場合があります。 ここでは特にフッ素配合で効果が有無について説明していきます。

子供の歯の状態は様々…

子供が生まれて分からない事だらけでした。
当時住んでいた地域では、月に一回、市で子供の身長・体重を計測し、その後保健師・栄養士に育児・食事相談が出来る機会がある他に、近所の保育園には、支援センターがあり保育士さんや近所のお母さん方に相談したりする環境がありました。
子供が半年を過ぎた頃、歯が一本生えてきました。
「まだ離乳食も軽いから、ガーゼで拭くとかで大丈夫。でも口の中に歯ブラシを入れる練習を少しづつすると良いよ」と保健師からアドバイスを受け、乳児用のゴムのブラシが付いた歯がためを使っていました。
1歳頃になると上下の歯が2~3本ずつ生え、その頃には離乳食も進み、ある程度食べるようになるので、離乳食後や授乳後は歯磨きをするようにアドバイスがあり、歯ブラシも毛先がゴムですが、形は普通の歯ブラシで本人に歯磨きをさせ、仕上げ磨きもするようになりました。うちの場合、授乳すると夜寝る習慣があったので、授乳後歯磨きしないで寝てました。
1歳半になると、歯医者に検診を受けに行きフッ素を塗ってもらうようになりました。
1歳半になると、各市町村から集団歯科検診連絡がある所が多いです。
その際に検診で終わる所もあれば、フッ素を塗ってくれる所もあります。
ただ集団の際にフッ素を塗ってもらっても「雑に塗られる」と感じる人も多く、個人で歯医者に行き塗ってもらう人もいるそうです。
また1歳半になったからと言って、すぐに集団歯科検診を受けれるわけではありません。(うちの地域の場合は1歳9か月過ぎに1歳半の集団検診があり、その時に診てもらえました)
その後は半年に1回のペースで、歯医者から定期検診のハガキが来るので、虫歯チェックとフッ素を塗ってもらう事を行っています。
あくまでも個人差がありますので、中には集団検診以降何もしていないと言う人も、もちろんいます。